航空業界の採用 これからの展望

航空業界はオリンピック景気で採用か拡大中です。
航空業界の情報を多く紹介します。
これからは、世界との連携が大切な時代、航空業界で活躍する人材が増えることを祈っています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
スポンサードリンク
芸能人 映画芸能ジャニーズグラビアアイドルAKB48AVDVD 芸能人 芸能人 映画芸能ジャニーズグラビアアイドルAKB48AVDVD 芸能人
プライベート

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
316806
サイト登録
検索サーチエンジンとブックマークリンク集♪
自動相互リンク
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< JALの復興に京セラが応援 | main | 航空業界の体質改善 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
JAL解雇も大詰め
JAL解雇も大詰め

JAL解雇も大詰め JALの人員整理も1万6000人目標でしたが、今年に入りキャビンアテンダントとパイロットの希望退職者が、10名以上余剰人員が残っているということで、整理解雇に踏み込むことになりました。

今まで旧態依然とした体質で、半公務員のような会社運営でしたが、民間の立ち上げを成し遂げた京セラ創業者稲森会長は、行動もシビアできっちりと、黒字体質に向けて鼓動しています。

京都本社の京セラを立ち上げただけあって、関西商法の厳しさがにじみでる最終決断です。しかし職員は何年もJALとしておっとりした運営で、労働組合の強い企業だったので、これから会社に対して不当解雇について、裁判になることも懸念されています。航空ファンだけでなく、お子様からご年配の方までに支持されている「ぼくは航空管制官2」シリー... パイロットは一人前になるのに長い年数がかかりますし、40歳になってやっと正パイロットのなる方もいますので、すぐに会社を辞めるのも厳しいものがあります。専門性が強いだけに転職先も少なく専門学校くらいしか求人は少ない状況です。

これまで長い年月パイロットとして活躍するために頑張ってきてのに新しい職種に変更するもの難しいようです。いままでJALが利益度返しで運営してきた付けが、現在の若い職員に影響しているところが可哀そうですね。

これからどんどんスリム化していきますが、数年後には新生JALとしてまた、日本のフラッグキャリアとして雇用を差異化してほしいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101112-00000039-mai-bus_all
| kohizuka11 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |