航空業界の採用 これからの展望

航空業界はオリンピック景気で採用か拡大中です。
航空業界の情報を多く紹介します。
これからは、世界との連携が大切な時代、航空業界で活躍する人材が増えることを祈っています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
スポンサードリンク
芸能人 映画芸能ジャニーズグラビアアイドルAKB48AVDVD 芸能人 芸能人 映画芸能ジャニーズグラビアアイドルAKB48AVDVD 芸能人
プライベート

プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
316806
サイト登録
検索サーチエンジンとブックマークリンク集♪
自動相互リンク
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 航空業界の就職状況 | main | 航空業界の再編成 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
航空業界とJAL
航空業界とJAL

 日本の翼といえば、JALですよね。しかしJALは会社更生法となり、現在は東証一部上場も取り下げられました。

日本航空といえば、もともと国営企業だったこともあり、国が積極的にフォローする安定企業でした。もともとJALが赤字になる要因として、地方の儲からない路線を生活路線として、運営していたこともあります。

これは、地方の国会議員や市議会議員からのお願いから、地域の観光産業を応援する役割もありました。

これは、自民党をはじめ、お願いをJALにしていた訳ですから、その政治家から見放されるとは思ってなかったようですね。

それが、民主党の国土交通大臣から再生法へと悲しい末路となりました。そういえば、自民党時代は、公明党の冬柴国土交通大臣でした。

このようにトップが変われば航空業界も方向転換。前のトップの方針はなしとなりました。

民間企業ですから利益を追求するのは当たり前ですが、それに左右される社員はつらいですね…。早く健全経営を出来る企業になって「日本の翼」として復活してもらいたいです。
 

あなたの欲しい留学情報を選んで無料で資料請求
| kohizuka11 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |